こんにちは! M’s square松山建築です。
弊社では、岐阜県下呂市を中心に活動しており、リフォーム・リノベーション工事や外構工事を承っております。
マイホームを建てる際にまず気になるのが耐震性という方も多いことでしょう。
「地震に強い家づくりってどうすればいいの?」とお悩みの方もいらっしゃると存じます。
今回は、地震に強い家づくりのポイントについて解説いたします!

耐震等級に注目!


基本的に建築基準法にある耐震基準を満たしており、その中でも新耐震にあたる建物ならば、数十年または数百年に一度クラスの大地震の被害に遭っても倒壊しないレベルの頑丈さがあります。
つまり、震度7クラスの地震に遭っても倒壊の恐れはまずありません。
しかし、ただ耐震基準を満たすだけではその後も建物としての機能を維持できるとは限りません。
そこで注目したいのが、耐震等級です。
耐震等級とは、大規模な地震が発生した際に受ける損傷の小ささによって評価し3段階に等級付けしたものです。
その中で最も頑丈とされる耐震等級3は、病院や警察署といった主要な建物で要求される頑丈さを表します。
耐震等級3の家づくりができると、大規模な地震に見舞われても建物としての機能を維持できる可能性がグンと高まります。

地盤の固さに注目!

どれほど建物が頑丈でも、地盤が柔らかければいざという時にその頑丈さを生かしきることはできません。
場合によっては耐震基準を満たしていても倒壊する恐れがあるため、建物を建てる前の地盤調査は必ず行いましょう。
もし地盤が柔らかい場合は、それなりの費用はかかりますが、いざという時のためにも地質改良工事を行うことをおすすめいたします。

地盤調査のご依頼もお気軽に!


弊社では地盤調査のご依頼も承っております。
上記のように地盤の固さは地震に強い家づくりにおいて重要な要素です。
地盤の固さが気になるという方は、お気軽にご相談ください。
もちろん新築工事のご依頼も喜んで承ります。
まずはお気軽にお電話ください。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。


松山建築は岐阜県下呂市の新築・リフォーム業者です
M’s square松山建築
〒509-2615 岐阜県下呂市馬瀬西村844-2
TEL・FAX:0576-47-2723