こんにちは! M’s square松山建築です。
弊社では、岐阜県下呂市を中心に活動しており、リフォーム・リノベーション工事や外構工事を承っております。
皆様は、在来工法についてご存知でしょうか?
建築工事においてはさまざまな工法が使用されますが、在来工法は木造建築におけるメジャーな工法のひとつです。
今回は、在来工法とその次にメジャーな工法である2×4後方との違いについて解説いたします!

在来工法とは?


木造建築といえば日本の伝統的な建築を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そう、日本の建築は歴史的に木造建築が主流でした。
この伝統的な木造建築の工法を合理化・簡略化させたものが在来工法なのです。
柱と梁を組み合わせて建物の骨組みを作る工法で、増改築が容易で間取りの自由度も高いため、木造建築の中では最も高い普及率を誇ります。
柱と梁による基本的な構造であり、間取りの自由度が高く、施主様のご希望通りの家づくりがしやすい点が大きなメリットです。
建築後のリノベーションも容易ですので、同じ土地に長く住み続けたい方にもおすすめの工法といえます。

2×4工法との違い

木造建築の工法として2×4(ツーバイフォー)工法を思い浮かべた方もいらっしゃることでしょう。
2×4工法とは、2×4インチのパネルを組み合わせて建物を作る工法で、冒頭で触れたように在来工法の次に人気のある工法です。
同じ木造建築でも、柱と梁の組み合わせである在来工法とは大きく異なる工法であることが分かりますね。
在来工法と2×4工法にはそれぞれの良さがありますので、自分にとって理想の建物にするにはどちらの工法がいいかを事前によく調べてみましょう。

新築・注文住宅のことならお任せください!


弊社では、岐阜県下呂市を拠点に新築・注文住宅のご依頼を承っております。
「お客様第一」をモットーに、一人一人の理想のお家づくりを全力でサポートいたします。
もちろん予算などの条件にも十分に配慮いたしますので、ご安心ください。
マイホームをご希望の方からのお問い合わせをお待ちしております。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。


松山建築は岐阜県下呂市の新築・リフォーム業者です
M’s square松山建築
〒509-2615 岐阜県下呂市馬瀬西村844-2
TEL・FAX:0576-47-2723