こんにちは! M’s square松山建築です。
弊社では、岐阜県下呂市を中心に、リフォーム・リノベーション工事や外構工事を承っております。
皆様は、太陽光パネル設置に適した屋根はどういったものかご存知ですか?
屋根の形状によって、太陽光パネル設置に適しているかどうかが変わってきます。
今回は、太陽光パネル設置に適した屋根と、屋根の種類について解説いたします!

どれが最適な屋根?


屋根の形状にはさまざまな種類がございます。
その中でも、片側一方に斜めに向いている片流れ屋根・2方向に斜めに向いている切妻屋根にあたるものは、特に太陽光パネル設置に適しております。
建物の向きにもよりますが、片流れ屋根・切妻屋根は特に太陽光を幅広く受け止めるのに適した形状となっているため、費用対効果が最も高くなるのです。

主な屋根の種類

「自宅の屋根はどうなんだろう?」と不安に思われている方もいらっしゃると存じます
そこで、主な屋根の種類をここにまとめました!
太陽光パネル設置をご検討されている方は、自宅の屋根がどういったものかここで確かめてみてください。

●切妻屋根

前述のように2方向に斜めになっている屋根のことです。
1方向に集中して斜めになっている片流れ屋根は切妻屋根の仲間です。

●寄棟屋根

4方向に斜めになっている屋根のことです。
屋根1面あたりの設置可能な面積は小さくなるものの東西方向の太陽光も受け止められるようにできます。
ただし、その分コストは高くつくのは覚えておきましょう。

●陸屋根

傾斜のない平らな屋根のことです。
最も設置の難しい屋根ですが、効率よく太陽光を受け止められるよう斜めの架台を取り付けることで設置可能となります。

●折板屋根

倉庫などによく用いられる凸凹に波打った形状の屋根です。
設置には陸屋根同様架台の取り付けが必要となります。

理想のお家づくりを徹底的にサポートします


弊社では、新築・注文住宅工事やリフォーム、リノベーションなどを承っております。
弊社が目指しているのは、「お客様第一」をモットーに、長く安心し暮らし続けられる住まいづくりです。
お客様のご要望や理想を丁寧にヒアリングして、プロフェッショナルとしてベストな提案を行います。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。


松山建築は岐阜県下呂市の新築・リフォーム業者です
M’s square松山建築
〒509-2615 岐阜県下呂市馬瀬西村844-2
TEL・FAX:0576-47-2723