こんにちは! M’s square松山建築です。
岐阜県下呂市に拠点を構え、リフォーム・リノベーション工事や外構工事などを手掛けております。
皆様は、建具という言葉を聞いたことはございますか?
普段の生活では聞きなれない言葉だと存じますが、実はすごく身近なものを指す言葉なのです。
今回は、建具とその種類について解説いたします!

建具って何?


冒頭にて建具は身近なものであると述べましたが、建具とは住まいの出入り口や開口部などの開いている箇所にはめるもののことです。
つまり、扉や窓のことなのです。
建具は内部用と外部用に分類されることがあります。
玄関扉や掃き出し窓といった外気の出入りが可能となる建具のことを外部建具で、襖や間仕切りといった屋内の空間を仕切るための建具を内部建具といいます。

建具の種類

今回は建具全体のうち扉に絞って解説いたします。

●開き戸

ドアノブをひねって押したり引いたりすることで開く扉のことです。
気密性が高く、施工性も高いため、普及率が最も高い種類でもあります。
実際に、扉と言えば開き戸を先に思い浮かべる方がほとんどでしょう。
デメリットとしては、扉の軌道上は必然的にデッドスペースとなってしまうことが挙げられます。

●引き戸

襖のように横に開く扉のことです。
壁に扉を移動したり収納したりするためのスペースが必要となりますが、床のデッドスペースは最小限に抑えられます。
バリアフリーの観点からも定評があり、車椅子に乗った状態でも開けやすいという特徴があります。

●折れ戸

折りたたんで開く扉のことです。
クローゼットの扉を思い浮かべていただくと分かりやすいかもしれません。
かつては指を挟んで怪我をしてしまう恐れがある扉といわれておりますが、近年の折れ戸にはクッションが備わっており、開閉の際に怪我をするリスクは格段に減っております。
前述の2種と比べ、開口部が狭くなりやすいのがデメリットです。

お客様目線の家づくりを大切にしております


弊社の新築工事やリフォーム工事のご依頼は、個人のお客様から建築関係者まで幅広く承っております。
マイホームをお考えの方や予算でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。
経験豊富な弊社代表を筆頭に、プロの目から見ても納得の施工をお届けいたします。
まずはお気軽にお電話ください。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。


松山建築は岐阜県下呂市の新築・リフォーム業者です
M’s square松山建築
〒509-2615 岐阜県下呂市馬瀬西村844-2
TEL・FAX:0576-47-2723